シミレーザー治療後の紫外線対策とケア|日焼け止めの選び方・注意点

スポンサーリンク

シミ取りレーザー治療後に必須となるの紫外線対策の方法・日焼け止めの選び方・お肌のケア方法・注意点を解説!

レーザー治療後のシミがかさぶたになり、テープや軟膏を使ったケアが不要になってからのケア方法・お肌に優しい日焼け止めの選び方をご紹介します。

シミ取りレーザー治療後に紫外線対策が必要になる理由

シミと一緒に削り取った肌が新しく生まれ変わったばかりの頃は、ピンク色で皮膚も薄くて赤ちゃんのようにデリケートな状態です。

ピンクの薄いお肌は普通のお肌以上に傷つきやすく、紫外線が肌の細胞を傷つけてしまい、ダメージを受けたピンクのお肌はきれいな肌色に戻らずに黒ずんでしまいます。

 

処置を行ったところは日光に当たると黒ずみになりやすいため、肌色に戻るまでは日焼け止めを必ず塗るように美容外科・美容皮膚科から指示されています。

 

日焼け止めはドクターズコスメ・ジュランツがおすすめ

ジュランツ・サンプロテクトUVは、高須クリニックのレーザ治療を専門とする美容皮膚科医・高須悦子が開発を行った日焼け止めです。

サンプロテクトUV50のコンセプトは、傷跡やレーザ治療直後にも使用する事ができる処方の日焼け止めで、シミ治療後のケアのために開発された日焼け止めと言っても過言ではありません。

美容皮膚科医開発!レーザー治療後に使用可能な処方

ジュランツ・サンプロテクトUV50はレーザ治療直後の傷跡にも使用できるお肌に優しい処方の日焼け止め。

潤い力が高く、美容成分3GF配合で治療後のお肌を日焼けから守りながら優しく労わってくれます。

肌に優しいノンケミカル

サンプロテクトUV50はお肌に優しいノンケミカル処方。美容皮膚科医が厳選した安心・安全の成分で治療後のお肌を紫外線から優しく守ります。

配合成分表

水・シロクペンタンシロキサン・酸化チタン・イソノナン酸イソノニル・BG・PEG-3ジメニコン・PEG-10ジメニコン・ステアリン酸・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1・ヒトオリゴペプチド-13・合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31・ユキノシタエキス・ビルベリー葉エキス・トコフェロール・マルトデキストリン・ウンカリアトメントサエキス・グリチルリチン酸2K・水添レシチン・コレステロール・キサンタンガム・エタノール・ココイルサルコシンNa・(ジメチコン・ビニルジメチコン)クロスポリマー・フェノキシエタノール・アルミナ

若返りをもたらす美容成分3GF配合

肌細胞をケアして若返りをもたらす成分3GFがお肌を労わってくれます。

3GFの効果は、

  1. EGF:表皮細胞のDNAの合成と修復・老化細胞の再生
  2. FGF:コラーゲン・エラスチンの合成を促進する事でシワを回復
  3. IGF:壊れている細胞の再生を促進

傷ついたお肌の細胞をケアし、

お肌の再生を促してくれます。

UV50 PA++++強力な紫外線カット力

ジュランツ・サンプロテクトUV50は紫外線防御力が極めて高いとされるPA++++。

日本で販売されている日焼け止めの中でPA++++表記は最強レベルを意味し、高い紫外線防御力で治療後のデリケートなお肌を守ります。

ジュランツ・サンプロテクトUV50を使ったシミ治療後のケア方法

レーザ治療後の日焼け対策のポイントは、

  1. 外出前は必ず日焼け止めを塗る
  2. 患部に日焼け止めを塗る時は優しく馴染ませる
  3. 数時間おきに日焼け止めを塗る

外出時に必ず塗る事以外は普通の日焼け対策と変わらず、

治療後の紫外線ケアは肌が元の色に戻るまで日焼け止めを忘れない事が重要なポイントです。

日の光に当たる可能性がある場合は、万が一の事を考えて事前に日焼け止めを塗っておく事をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク