シミのレーザー治療後の経過|かさぶたが取れる~完治まで【写真で解説】

スポンサーリンク

かさぶたが取れてから肌が元の色に戻り完治するまでのシミ取りレーザー治療の経過を写真で解説します。

ピンク色の紫外線に弱いお肌が元の色に戻り、シミ治療後のケアが不要になるまでの最終段階の経過です。

  • 治療方法:YAGレーザー(施術方法:アブレーション)
  • 治療日時:2017年8月13日
  • 美容外科名:東京美容外科・大阪梅田院

シミ取りレーザー治療後の傷跡の状態

レーザー治療後、傷の状態が最も悪かった頃は

  • 肌を削った部分が凹んでいる
  • 分泌物が多くてジュクジュクとした状態
  • 傷が赤く腫れあがっている
  • 少々出血がある

という痛々しい状態でしたが、見違えるように治癒しシミの無いきれいなお肌になりました。

シミのレーザー治療後の経過を写真で解説|施術直後~かさぶたができるまで

2017.08.14

治療前のシミの状態と写真

ファンデーションを塗っても全く隠す事ができない程の濃くて根の深いシミの治療だったので肌を深く削る事になり処置後の状態が心配でしたが、

東京美容外科の専門医による丁寧な治療のおかげで綺麗に治りました。

レーザー治療の経過|完治編

完治編では、かさぶたが取れてから肌が元の状態に戻るまでの肌の状態・治癒過程をご紹介します。

落ちたかさぶたは白に近い色合いのごく薄いもので、皮膚の角質が分厚くなったような感じです。

 

シミのレーザー治療後の経過|かさぶたができてから取れるまで【写真で解説】

2017.08.20

治療後12日目|かさぶたが落ちた翌日はツルリとしたお肌に

かさぶたが取れる直前まではゴワゴワ・ガサガサとしたお肌でしたが、かさぶたが落ちると段差の無いツルリと整ったお肌になりました。

かさぶたが取れるまではゴツゴツとした「さなぎ」のようですが、取れると生まれたばかりの「蝶々」のようにデリケートな感じです。

生まれたばかりのお肌はとても紫外線に弱いので、ピンク色が肌色になるまでは日焼け対策をしなければなりません。

シミレーザー治療後の紫外線対策とケア|日焼け止めの選び方・注意点

2017.08.20

治療後13日目|更にきれいなお肌に!

お肌はどんどん綺麗になっていき、周りの肌の色に近づいてきました。

写真は拡大したもので、シミレーザー治療後に特有のピンク色が確認できますが、じっくりと探さないと治療跡は分からない程に元の肌と同じような状態になりました。

ピンク色が消えればシミは完治!

きれいなお肌まであと一歩の状態なので紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

治療後14日目|ピンク色の皮膚が少なくなってきた

シミ取りレーザー治療から今日でちょうど2週間目。

皮膚を深く削った部分には赤味がありますが、薄く削った周囲の部分の赤味が引き、肌の色が元に戻ってきています。

治療後15日目|完治目前!赤味はシミが深かった部分のみ

ピンクの部分が更に減り、赤味のある部分は茶色いシミを深く削った部分のみに!

この赤味が消えれば完治となりそれほど紫外線対策に気を遣わなくてもよくなります。

治療後16日目|トラブル発生!無理な角質ケアで傷の状態が悪化

「もうそろそろ大丈夫♪」と思い肌の角質がぽろぽろ取れる洗顔フォームで角質ケアを行ったところ、刺激が強すぎたせいか肌の赤味が増しました。

刺激の強い角質ケアはまだまだ早かったみたいなので、治療後2週間程度の頃はお肌に優しいスキンケアを心がける必要があります。

シミレーザー治療後のスキンケア|皮膚科医開発!低刺激のケア用品

2017.08.15

治療後17日目|処置部位を安静にしておく・炎症が治まる

念のために処方された軟膏を塗りテープで保護しておくと、炎症は治まり赤味が少なくなりました。

完治までもう少しの状態なので気を抜かずにケアを行わなければならない事を実感する出来事でした。

治療後18日目|前日と大きな変化なし

治療後2週間を過ぎると大した変化は無く、特にこの日は前日とほとんど変わりがありませんでした。

治療後19日目|赤味はシミが特に深かった部分のみに限定

他の部位の皮膚と色が違うのは元々茶色の濃いシミがあった部分のみに限定!

治療後20日目|前日と変わりなし

肌の傷自体は回復しているので、前日とぼぼ変わらず。

この1週間は大した変化がありませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク