【症例写真】紫外線はシミの最大の原因|影響・対策・治療の方法を解説

スポンサーリンク

シミの最も大きな原因とされる日焼けによる紫外線の肌への影響の重大さをシミの画像・症例写真で解説!

紫外線の影響を受けていない肌と病院で治療を受ける程に酷く傷ついたシミだらけのお肌の画像を比較し、肌ダメージの程度を分かりやすく説明します。

症例写真と併せて、

  1. 紫外線によるシミを予防する方法
  2. できてしまったシミの自宅ケアの方法
  3. 病院でシミを消す治療方法

を解説します。

紫外線はシミの最大の原因!日焼けの怖さが分かる画像

同一人物の日光に晒される顔の皮膚日焼けをしない部位の皮膚を比較し、紫外線による肌へ影響を解説します。

日焼けをしていない部位の画像|全くシミが無く白くてキメが整ったお肌

【写真】腕の内側の日光にほとんど当たっていない部位の皮膚

三角のキメが整った滑らかな白いお肌で、シミは一つも無く、色ムラもありません。

夏でも昼間の外出時は長袖を着用して紫外線対策を行い、日光に当たらなければ30歳になっても美しいお肌を保つ事ができます。

紫外線を浴びた顔の画像|シミだらけで肌は傷んでゴワゴワ

写真は、上の写真と同一人物の顔の写真ですが、日光に当たる顔は紫外線のダメージで肌が傷んでしまい、

  • 濃淡無数のシミが点在
  • 滑らかさが無くゴワゴワ
  • 色ムラだらけ
  • 赤く炎症が起こっている

という不健康な状態になっています。

腕と同一人物が同じ日に撮影を行った肌の写真ですが、紫外線を浴びたか?浴びていないか?でこれだけの肌状態の差になっています。

シミのお肌の拡大画像

肌が紫外線で炎症を起こしシミがどんどん生成されています。

滑らかさ・ハリ・キメも年々無くなっていき、肌が破壊されている事がよく表現された画像です。

紫外線と加齢で年々濃くなるシミの画像

できたばかりの頃はぼんやりと薄くて小さかったシミが、5年間放置すると濃く大きく広がり、除去するには27,000円の費用がかかる程に成長しました。

濃いシミの上部を見て頂くと、薄く広がっていく様子が確認できますが、上部の薄い部分も濃い茶色になり、

これからもどんどん広がる事が予想されます。

シミの予防・対策・治療の方法

紫外線が原因のシミは、予防・対策・治療が行いやすく、予防や治療の選択肢が多い事が特徴なので、

シミの程度やニーズに合わせて方法を選ぶ事ができます。

紫外線によるシミの予防には日焼け止めが効果的

シミができる最大の原因は紫外線による肌ダメージなので、紫外線を防ぐために日焼け止めをしっかりと塗る事が効果的です。

紫外線によるシミのケアを重点的に行いたい方におすすめの日焼け止めは、高須クリニック所属の美容皮膚科医・高須悦子が開発を行った「サンプロテクトUV50」で、

  1. SPF50・PA++++強力な紫外線カット力
  2. 負担の少ないノンケミカル
  3. 若返りをもたらすEGF・IGF・FGF配合

紫外線を防ぐだけではなく、肌細胞を活性化しお肌にハリやキメをもたらしてくれる日焼け止めです。

メラニン色素を薄くするスキンケア

できてしまったメラニン色素を薄くするには、ビタミンC・E誘導体のドクターズコスメ・ホワイトパウダーEXの使用がおすすめです。

  1. 美白効果
  2. 活性酸素除去作用
  3. 抗老化作用
  4. 抗酸化作用

メラニン色素を薄くする美白効果・紫外線で傷ついたお肌をケアする事ができるドクターズコスメです。

ジュランツ・ホワイトパウダーEXの使用前後の写真を比べると、

使用数日後にはメラニン色素が薄くなり肌の色もパっと明るくなった事が確認できます。

濃いシミも消す事ができる!美容皮膚科の治療

濃くなってしまったシミやシミをすぐに消したい方におすすめなのが、美容外科・美容皮膚科での医師によるシミ治療で、

  1. 濃いシミも根こそぎ取り除く・レーザ治療
  2. 広範囲のシミを消す・光治療
  3. 比較的安価で効果的・塗り薬
  4. 点滴や注射でのシミ予防
  5. シミを治療・ケア・予防する飲み薬の処方

等の幅広い治療方法を医師の診察・専門家のアドバイスの元で受ける事ができます。

東京美容外科の場合、カウンセリング・医師の診察を無料で受ける事ができ、状態に応じた治療方法の提案を受ける事ができるので、

最新シミ治療についてご興味をお持ちの方は、公式サイトをご覧ください。

※当ホームページ紹介の症例はあくまでも個人のものであり、全ての方に同じ効果・結果・医師の診察結果を保証するものではございません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク