フォトフェイシャル施術後の注意点|シミ治療後のケアについて

スポンサーリンク

肌に優しくマイルドな光でシミを治療するフォトフェイシャル施術後の注意点・ケア方法について解説します。

フォトフェイシャル治療後のケア方法・注意点は、一般的なレーザー治療とほとんど同じで、

  1. 紫外線対策を行う
  2. 肌に刺激を与えない

 

という点では一致しております。

 

しかし、1回で終了するレーザー治療と数回の通院が必要なフォトフェイシャル治療は過程と方法が異なるので、

紫外線対策を重点的に行う期間や守らなかった場合に起こる症状に差があるので注意が必要です。

 

当記事では、シミのフォトフェイシャル治療後のケアに特化した記事で、注意点やケア方法・低刺激のスキンケア化粧品をご紹介します。

 

フォトフェイシャル施術後の注意点

肌の表面を削り取るレーザー治療と異なり、マイルドな光を当てるだけで肌へのダメージが少ないフォトフェイシャル治療ですが、治療を成功させるために必要な注意点がいくつかあります。

 

通院している東京美容外科の場合の注意点は、

  1. 治療後は日焼け止めを1年中シッカリと塗る事
  2. 数回の施術期間中は照射ができなくなるので日焼けをしない
  3. 軟膏を使用する場合は紫外線に当たらない事
  4. 治療後1週間程度は刺激になる事を避ける
  5. 治療に通う間隔(3~4週間)を守る事

 

主に紫外線に関する事ばかりで、

 

フォトフェイシャルでシミ治療を受けるのに重要なポイントは紫外線対策と日焼け止めだという事が分かりました。

 

お肌のケア方法のポイント

フォトフェイシャル治療中~後のお肌のケアの2大ポイントは、

  1. 日焼け止めをシッカリと塗って紫外線対策をする事
  2. お肌に刺激を与える事を避ける

 

という事で、

  • 刺激が少なくて効果の高い日焼け止め
  • 刺激が少ないスキンケア化粧品

 

を使ってケアする事が必要になります。

 

スキンケアは美容皮膚科医が開発したドクターズコスメがおすすめ

フォトフェイシャル治療後のデリケートなお肌には、高須クリニックの美容皮膚科医・高須英津子が開発した低刺激のスキンケア化粧品「ジュランツ」がおすすめです。

ジュランツを開発した高須英津子医師の専門分野は美容皮膚科・日本レーザー医学会認定医の資格有。

シミ治療専門のドクターが「低刺激で肌に優しい・安心安全をコンセプト」開発したスキンケア化粧品のジュランツは、シミ治療のために開発されたと言っても過言ではない製品です。

シミレーザー治療後のスキンケア|皮膚科医開発!低刺激のケア用品

2017.08.15

シミレーザー治療後の洗顔方法|ケアと洗顔料の選び方

2017.08.15

特に、日焼け止めはSPF50・PA++++という強力さにも関わらずノンケミカルで肌に優しく、「レーザー治療直後や傷跡にも使用できる」という特徴があり、

「シミ治療・予防のために作られた日焼け止め」といっても良いくらいです。

シミ治療のための日焼け止めの購入や詳細・値段・成分につきましてはジュランツ公式サイトで紹介されておりますので、シミ治療を控えられている方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク